ネット銀行で住宅ローン!仮審査申込はどうするのが効率的?

ネット銀行で住宅ローン 【A仮審査】

 

ポイント

 

仮審査は簡易にできるため、借りたい銀行、借りる可能性のある銀行全てに申し込むのがベター

 

ネット銀行を中心に複数銀行に仮審査申込の場合、「住宅ローン一括審査申込が便利

 

仮審査に必要な期間はネット銀行だと1日〜3日程度、実店舗ある銀行だと3日〜1週間程度

 

 

 

住宅ローンではローン希望者に融資実行可能か?銀行が最終判断するための「本審査」と、本審査前に実施する「仮審査」があります。

 

「本審査」には購入対象住宅の書類や資料を含む多くの公的資料が必要で、借りようとする側も銀行も多大な労力を使いますが、その結果、全く希望額に届かなかったり、借り入れ不可能だったりすると時間と労力の大幅なロスとなります。

 

そこで、本審査前に借入希望額、自分の勤務先や年収等の情報を伝えて簡易な審査をすることで、希望額が融資できるかどうかの見通しをもらうのが「仮審査」です。

 

「仮審査」が通って「本審査」で落ちるというこも稀にありますが、基本的には仮審査が通ってそこから条件が大きく変わっていなければほとんどの場合、本審査も通過して融資を受けることができます。

 

ネット銀行の仮審査はサイト上に必要情報を入力して送信することで簡易に行うことができ、早ければ即日や1日後には登録したメールアドレスに審査結果が帰ってきます。ただ、「仮」と言えども入力する情報はなかなかの量になります。

 

銀行によっても異なりますが、基本的に

 

住所・氏名・電話番号

 

家族構成

 

職業・勤め先情報・勤続年数・年収

 

借入希望額

 

購入する住宅の情報

 

といった項目が必要になります。

 

銀行によって融資実行の可・不可や融資可能額の判断は異なり、どこか一つが落ちたからといって他も全てNGということはありません。

 

また自分にとってベストでないにしても、サービス内容としてかなり似通ったプランを提供しているところも多いです。

 

その意味でも仮審査の時点では本命以外にも数社に申し込んでおくのが良いですが、その際に役立つのが「住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイト」です。

 

 

ネット銀行で住宅ローン仮審査 申込ツール

 

仮審査で入力する内容はどのネット銀行でも上記の個人情報や住宅情報等、ほぼ同じ事項となり、いちいち入力していると非常に手間がかかります。数社に仮審査を申し込もうとすると、その作業を申し込む会社の分だけ実施しなくてはいけません。

 

「一括審査申込サイト」では最初に必要情報を全て入力すれば、その情報を各ネット銀行サイトの入力画面に自動で振り分けてくれます。

 

銀行によって入力必要事項が多少異なる所もあるので、そのあたりは追加入力をしなければいけませんが、8〜9 割の内容は自動入力となるので、最初の入力さえ済ませてしまえば各銀行毎に同じことを何度も入力する手間が大幅に省けます。登録・利用にお金がかかることもありません。

 

 

サイト・アプリの概要・利用手順は下記のようになります。

 

@「イッカツ」アプリ画面にて自分の情報、住宅情報を入力する

 

イッカツアプリ説明1 

 

 

Aアプリ画面より、仮審査申込したい銀行を選択。

 

イッカツアプリ説明2 

 

 

B各銀行の入力画面にて、最初に入力した情報がアプリから自動入力される◎

 

イッカツアプリ説明3 

 

依頼後にアプリ管理会社からおすすめ情報等の電話やメールが入ってくることがあり、それが人によっては煩わしくデメリットとなり得ます。

 

ただ、管理人の場合、興味がなかったのでその旨伝えると、その後しつこく連絡が入ることもありませんでした。

 

数社に審査依頼予定している方には手間が省けておすすめなアプリなので興味のある方は一度チェックしてみるといいと思います。

 

一括審査申込リンク

 

住宅ローン一括審査申込はこちら

 

住宅ローン仮審査時の注意点

住宅ローン一括審査申込を使用する、しないに関わらず、仮審査時の入力は「仮」といえどもできるだけ正確にしておくことが必要です。

 

というのも仮審査が通過して、もしそのまま本審査まで進む場合、仮審査で入力した情報がそのまま記載された申込用紙がネット銀行から郵送されてきます。

 

もし本審査の際にそれらの記載情報が変更となる場合は「二重線+訂正印」で修正をすることになるのですが、修正箇所が多いと用紙が訂正印だらけになって非常に見づらくなって作成も大変になります。

 

なにより、仮審査と本審査で記載内容が異った場合、審査の結果自体に影響を与える可能性があります。

 

住宅情報等は一部不明だったり変更になったりする場合もありますが、少なくとも年収や勤務先等をはじめとする個人情報は正確に記載しておくべき事項になりますのでご留意ください。

 

また、借入希望額は「本審査」の際に「仮審査」時より減額する分にはOKですが、増額する場合はそこでNGになる可能性もあります。

 

借入額がはっきり決まっていない場合は、若干多めで入力しておくことをお勧めします。といってもあまり多めで見込みすぎるとそれで審査結果NGとなる場合もありますので、100万〜200万程度上乗せした位が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ページ

@検討
住宅ローン検討の際のポイントや、実際ネット銀行で借りるに至ったプロセスを紹介。
B本審査申込
本審査申込の際のポイントは?ネット銀行申込特有の注意点も。
C本審査仮承認
本審査の仮承認って?本契約とは違うの?
D融資実行
融資実行日はどんな人がきて、どんな手続きをする?
E返済
ローン契約、融資実行完了した後、返済時の運用について。