ネット銀行で住宅ローン!本審査仮承認って何?

Cネット銀行で住宅ローン 【本審査仮承認】

 

本審査が順調に進むと、本審査の仮承認が出ます。

 

この時点では審査が通過し、銀行として「融資実行OKですよ」、という段階で、まだ融資実行手続きは完了していません。

 

ここまで来ると再度銀行から本契約の申し込み用書類が送られてきますので、記載して返信すると融資実行が確定となります。

 

また、フラット35に申し込んでいる場合はフラット35の基準に適合している「適合証明書」(各地の審査機関が現地確認・発行)の提出が必要になります。

 

適合証明は自ら審査機関にお願いして発行してもらうことも可能ですが、管理人の場合は仲介業者を通してお願いをしました。証明書発行に際しては、5〜7万程度の金額がかかりますので見込んでおいた方が良いでしょう。

 

また、住宅ローンの本契約にあたっては火災保険への加入が必須条項となるため、融資実行までに火災保険の契約を済ませておく必要があります。

 

火災保険については本審査を申し込むと銀行が提携している火災保険会社から見積案内をもらえることが多いですし、仲介業者や不動産業者が提携している所やその他保険相談所で見積をもらうことも勿論可能です。

 

火災保険も年数やどこまで補償を付けるかによって大きく金額は変わりますが、おおよそ30〜60万円の大きな出費となります。いくつか相見積をとって、一番低価格で条件が良くなるところで契約しましょう。

 

管理人の場合、ネット銀行、仲介業者、保険相談所の3つで相見積をとった結果、仲介業者が提携しているものが一番割引率が大きく、同条件で最も低価格だったので仲介業者が提携している保険会社のものに決定しました。

 

火災保険の場合、ネット銀行や仲介業者が提携している保険会社だと10〜20%程度の団体割引が効くことが多いのでかなり安くなります。ネット銀行や仲介業者が紹介するものをメインに検討してみることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ページ

@検討
住宅ローン検討の際のポイントや、実際ネット銀行で借りるに至ったプロセスを紹介。
A仮審査申込
仮審査と本審査の違いとは?仮審査申込の際に便利なツールも紹介。
B本審査申込
本審査申込の際のポイントは?ネット銀行申込特有の注意点も。
D融資実行
融資実行日はどんな人がきて、どんな手続きをする?
E返済
ローン契約、融資実行完了した後、返済時の運用について。